2011年01月27日

股関節検査

Fifty's二期生が二才になってすぐ、股関節のレントゲンを撮りに、
岡崎の大竹先生のところに行きました。
父犬ビビのお父さん、つまりデビ達の父方おじいちゃんは
先生によるブリーディングで生まれた次郎であり、
またFiftyが子宮蓄膿症になった時に大変お世話になったこともあり
二期生は先生なしでは存在しなかった、重要なキーパーソンです。

検査結果がこの度届き、レントゲンを撮ったデビ、ジョニー、ダービー全員goodの
評価をいただけました。
特にデビは、excellentをもらえるのでは、というくらいしっかりとした状態で、
母親のFiftyもexcellentに近いgoodだったことを思い出しました。
骨量のあるリッターであるため、心配でしたが、一安心です。


今回の結果を見て思ったのは、
股関節形成不全は遺伝性疾患とひとくくりにされてしまいがちですが、
成長期の管理は大変重要であるということです。
骨の固まらない成長期にアスファルトを長時間歩かせたり、
過度に太らせたり、リードをぐいぐい引っ張らせたり、
コンクリートや滑るフローリングが居場所だったり、
カーペットをしいてあっても敷き詰めていなかったり、毛足が短くてすべったり、
階段を自由に昇降させたり。
八の字くぐりや障害物を訓練と称してやらせたり。
毎日やれば成長期の骨に負担がかなりかかるのは明らかです。
私の所ではなるべく土をふませるように、また太らせないように
注意を払います。しかし、難しいことではないです。
少し環境を整え、気を遣えばすむことです。

今後ゴールデン子犬と暮らす予定のある方は、
子犬時代の管理の重要さを心の片隅にでもおいて育児に臨んでほしいです。
posted by miyuki at 12:06| 愛知 ☀| Comment(6) | ブリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。
今年もみなさまにとって良いお年となりますように。

7604-3.jpg
photo by Vanity Fair
posted by miyuki at 10:07| 愛知 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。